moonshotの特徴

subpage01

インターネット上のサービスやネットワークを利用したファイルサーバーなどは高機能なハードウェアが必要とされてきました。

しかし、HPEが提供するmoonshotは異なったアプローチを取ることによって、最適化されたサーバーとなっています。

その特徴を紹介しましょう。
まず、必要な機能のみを実装するシンプルなシステムであることです。


シンプルなため消費電力も低く抑えることができます。
従来機の6割で済むことになります。
それはそのまま筐体を小さくできることにつながります。
省スペースに大きく貢献するのです。
多くの企業では膨大なデータを保存しており、それがなくなることはありません。



もちろん、サービスとして一般ユーザーに提供している場合はデータ量の増加は急速になっているはずです。
moonshotによって実現されるサーバーの機能はこれまでのサーバーに劣ることはありません。

費用対効果だけを見れば高機能化していると言えるでしょう。
シンプルなサーバーとなっているmoonshotは内部配線の大幅な削減を達成しています。

ほとんどの配線がないと言っても過言ではありません。

筐体に凝縮されたユニットを実装することによって必要な機能を実現しています。

YOMIURI ONLINE情報をお教えします。

これからのサーバーの実装の手本となることでしょう。



もちろん、他社も同様のシステムを構築しています。ただ、HPEがその先端を走っていることは間違いありません。
利用者は高機能となったサーバーを意識することなく利用しているのです。